27歳の童貞の友人がデートで失敗した理由

10月1日(土曜)

 

デニーズでの

友人(冴えない27歳童貞)

との会話。

 

桜井:「最近ゆみちゃんとは、どう?うまくいってるか?」

 

 

友人は、うつむきながら答えた。

 

 

友人:「最近は、いつも忙しいってデートしてくれないんだよ。」

 

桜井:「もしかして、嫌われてるんじゃね?」

 

友人:「まじで?特に嫌われることはしてないと思うんだけど…」

 

 

 

と首をかしげながら言ってきたので、

 

 

桜井:「ちなみに、どんなデートしてんの?」

 

 

 

とやんわりと聞いてみた。

 

 

友人:「まあ、普通に飯くったり、映画行ったりしてる。」

 

 

桜井:「普通に?って、特にスキンシップもなく?」

 

 

 

友人:「スキンシップ?そうだな。特にスキンシップはしてない。」

 

桜井:「そりゃ、だめだろ。デート中は、

必ずスキンシップはしたほうがいい。」

 

友人:「えぇ?そうなの?」

 

 

しかめっ面をしながら、

驚いた声を出した。

 

 

桜井:「そう。

ほとんどのモテない男性は、

女性にビビっていて、

スキンシップをしようとしない。」

 

桜井:「女性に触ると気持ち悪がられると思っている人が多い。」

 

友人:「そうだよ。いきなりスキンシップしたら、キモイと思われるのだろ。」

 

桜井:「そりゃ、いきなりはダメだ。」

 

桜井:「触れ方としては、

慣れの問題もあるから言葉で説明するのは難しいんだけど…」

 

桜井:「例えば、相手にツッコミを入れる時は、

普通に身体に触れるだろ?」

 

友人:「まぁな。」

 

桜井:「最初はそんな感じで触れていけばいい。」

 

桜井:「段々と、どんなスキンシップがダメで、

どんなスキンシップが良いのか、基準がわかってくるから」

 

友人:「なるほど」

 

 

少し間をおいてから友人が喋り始めた。

 

 

友人:「てか、そもそもなんでデート中に、スキンシップする必要があんの?」

 

 

そんな質問をしてくる友人に

軽く咳ばらいをしてから

答えた。

 

 

 

桜井:「ああ。男も女もそうだが、大人になってくると、

【人に触れられる回数】って減ってくるだろ?」

 

友人:「そうだな。」

 

桜井:「数少ない内の人に触れられる時って言えば、どんな時?」

 

友人:「彼氏とか?」

 

桜井:「そう。

大人になってからのスキンシップのほとんどが【恋人】なんだよ

 

桜井:「だから、スキンシップをされることで女性は、

無意識に男性を異性として見てしまう

 

桜井:「ちなみに、女と偶然手と手がふれあった時、

ドキっとしたことない?」

 

友人:「ああ。あるある。」

 

桜井:「そんな感覚。」

 

友人:「あ~、なるほどね。」

 

桜井:「ただ、最初は気持ち悪がられる可能性があるから、

気をつけたほうがいい。」

 

桜井:「まず、一番最初にスキンシップする時は、

手をグーにして、軽くパンチする感覚で

スキンシップしてみることだな

 

桜井:「手のひらで触ると、気持ち悪い感じになるからやめること。」

 

友人:「なるほどね。」

 

桜井:「ほんとにわかった?」

 

桜井:「今度デートする機会があれば、絶対にスキンシップをするんだぞ。」

 

友人:「おけ。」

 

まとめ

大人になると、恋人ぐらいしかスキンシップをされないので、

スキンシップをすると、女性が男性を【無意識に】異性として見てしまう。

 

デート中はスキンシップを必ず行なう。

 

最初は手のひらではなく、

グーで軽くパンチするように触れる。

 

 

以上。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

桜井 すぐる


恋愛商材レビュー一覧


恋愛商材レビュー一覧はこちらをクリック

合わせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ