連絡先を交換し、1回目のデートをするまでのメールの流れ

どうも、桜井です。

 

今日のテーマは、

「デート前のメールの使い方」について。

 

連絡先を交換して、メールでやりとりして、

デートにつなげるまでに、気をつけておくべきポイントが4つあります。

 

デートに誘う前に、確認しておいてください。

 

■目次
・連絡先を交換する意味
・連絡先を交換した後のメール
・デートに誘う時の注意点
・デートの具体的な誘い方

 

 

・連絡先を交換する意味

 

まず、知ってほしいのことは、

女性にとって連絡先を交換することは、

それ自体は、どうでもいいこと。

 

ということを頭に叩き込んでおいて下さい。

 

よく、初対面のかわいい女性から、

連絡先を交換できたことに、

喜んで、はしゃいでる人がいます。

 

しかし、

 

多くの女性は、男性に連絡先を聞かれたら、

その場で断ると、非常に気まずい空気になるから、

「とりえあず教えて、面倒になりそうだったら、あとで無視しよう」

といったニュアンスで考えているのです。

 

そうとは知らず、連絡先が交換できたら、

「一歩前進♪」と、勘違いしている男性が多いのです。

 

このギャップは後々大きく、響いてくるので、

しっかりと、間違った認識を正しておくべきですね。

 

問題は、連絡先を交換する行為自体ではなく、

連絡先を交換する以前に、あなたが女性にどのような印象を与えていたか?

 

ここです。

 

連絡先を交換したとしても、あなたの印象が悪ければ、

その後のメールのリアクションは非常に悪いものになります。

 

メールで挽回しようと思っても、

焼け石に水。

 

重要なのは、どんなメールを送るか、ではなく、

どんな人からメールをもらうか?です。

 

メールの文章ではなく、

あなたの印象がどう影響しているか?がすべてなのです。

 

だからこそ、連絡先を交換する前に、

あなたの印象を上げておく必要があるのです。

 

多くの男性は、この事実を理解していないので、

「どうして、メールが返ってこないのだろう?」

「何か、変なこと言ったかな?」

 

と自分の「メールの文章について」深く考えるのです。

 

そうではない。

 

先ほども言った通り、連絡先を交換する前に、

すでに勝負が決まっている可能性が高い。ということです。

 

・連絡先を交換した後のメール

 

では、連絡先を交換した後は、

どのようなメールをすべきか?

 

 

連絡先を交換した後に、あなたのやるべきことは、

 

デートに誘い出すことです。

 

あくまで、デートにつなげるためにメールをするのです。

 

ダラダラと、メールのラリーを繰り返すことではありません。

 

無駄なメールを繰り返し、

相手の女性が、面倒になって、メールの返信が

来なくなる前に、デートに誘って下さい。

 

目的をデートに誘い出すことにフォーカスして下さい。

 

まずは、この目的意識を持つ事から始めてください。

 

・デートに誘う時の注意点

 

よくメール相談で、

「どうやってデートに誘えばいいですか?」

「効果的なデートの誘い方を教えて下さい」

というメールを送ってくれる方が多いです。

 

まず、このような質問を送ってくる男性にわかって欲しいことがあります。

 

それは、女性にとって、二人きりで遊ぶのは、重いことなのです。

 

いきなりふたりきりのデートは、気が重くなってしまうのです。

 

あなたがどんな男性か理解できているなら問題無いのですが、

そうでない場合は、何をされるか想像できないので、

なんとなく行きたくない。無意識に思ってしまうのです。

 

この「ふたりきりが重い」と感じる段階であれば、

もっと軽いオファーをすべきです。

 

知人を含め、複数で遊ぶことを提案してみるのです。

 

あなたとふたりきりではないので、

相手の女性の警戒心が薄れ、

オファーを飲みやすくなります。

 

ただ、どうしても共通の知人などいない、

複数で遊ぶ提案ができない場合は、

相手にとってメリットのあるオファーに変更すべきです。

 

相手の女性が好きな食べ物を予め聞いておいて、

食事のオファーに持っていく。など

 

相手が興味あり、メリットのあるデートの誘い方をしてください。

 

相手が興味ありそうなことが分からない場合は、

当たり前のことですが、デートに誘う前に、

相手が興味ありそうな部分を聞き出すことから

始めて下さい。

 

行ってみたい場所

・食べてみたいもの

・好きな食べ物

 

など。

 

・デートの具体的な誘い方

 

と言っても、デートに誘う経験がない男性は、

具体的にどうやって誘っていいのか分からないと思います。

 

少しだけ具体例を出すので、参考にしてください。

 

具体例

 

・狙っている娘は、大学の知り合い

・メールはしているが、まだふたりきりで

デートしたことがない。

・彼女の好きな食べ物は、オムライス。

 

この場合は、大学にいるわけですので、

「共通の知人」がいます。

 

そう、この共通の知人を使って、誘うわけです。

 

大学で会った時に、

 

「そういえば、今度、たけし(男友達)と△△(オムライスがうまい店)に行くんだけど一緒に行く?」

「オムライスがうまいって」

「おごってあげるよ。」

「たけしが(笑)」

 

と誘ってみる。

 

この誘い方のポイントは、2つ。

 

メールで誘うのではなく、対面で誘うことです。

そして、ふたりきりではなく、複数で行く。ということ。

 

彼女がオムライスが好きで、あなたとの共通の知人がいれば、

断る理由はないはずです。

 

まとめ

 

・女性が連絡先を交換する事自体は、大したことない。

 ・連絡先を交換した後は、デートに誘うことにフォーカスする。

・オファーの仕方は、複数で遊ぶか、相手にメリットのある誘い方をする

 

 

今日は、以上です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

桜井すぐる


恋愛商材レビュー記事の一覧


恋愛商材レビュー記事の一覧を見る



記事一覧


当サイトの記事一覧ページに飛ぶ


メール講座&教材プレゼント

「好きな女性が彼氏持ち」
「告白して振られたが、どうしても諦めきれない」
「デート後にメールの返信がない」
そんな男性の悩みを解決する
メール講座&教材プレゼント


↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはこちらをクリック

合わせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ