学校で教えてくれないメールで女を落とす方法

どうも、桜井です。

 

今日のテーマは、

「メールで女性を口説き落とす方法」についてです。

 

あなたが今、特定の女性を狙っているとしたら、

 

「あの娘を、「メール」でなんとか落とす事ができないかな」

 

「メールでどんな文章をかけば、

 あの娘を振り向かせることができるのかな」

 

と、いろいろと考えていると思います。

 

もちろん、相手の心に響く文章がかければ、

あの娘の恋愛感情も動くかもしれません。

 

しかし、残念な現実を言います。

 

文章「だけ」では、女性を落とすことはできません。

 

は?

 

 

と感じると思いますので、

少し詳しく説明します。

 

具体例を出します。

 

 

「2人の女性からお茶の誘いを受けました」

「どちらの誘いに乗りますか?」

 

1人目は、

「石原さとみ」

「今度お茶行きたいので、連絡先を教えてくれますか?」

と聞かれたら、どうします?

bkn-20151227150043182-1227_00862_001_05b

 

2人目

 

おかずクラブのオカリナに

同じことを言われたら、どうします?

「今度お茶行きたいので、連絡先を教えてくれますか?」

「なんなら、お礼にディープ・キスします」とか言われたら

c68d377b66a766bbb6f0597962f120d3

 

 

……

 

 

どちらの誘いに乗りますか?

 

おそらく、多くの方が、後者を断り、

石原さとみと連絡先を交換すると思います。

 

「いや、当たり前でしょ」

と感じるかもしれませんが、

少しだけ、立ち止まって考えてみてください。

 

2人共「同じセリフ」で誘っています。

 

同じ言葉です。

 

なぜ、この違いがあるのでしょうか?

 

もちろん、見た目の好みもあるでしょう。

 

しかし、私が一番言いたい事は、

ここです。

 

誰が言うか、WHOの部分が違うだけで、

影響力が変わってしまう。ということです。

 

どんなセリフで誘うか。

より、

 

どんな印象を持った人間(WHO)が重要

 

 

何を(WHAT)より誰が(WHO)が重要

 

 

私が、あなたに伝えたかったことは、ここです。

 

これは、極端な例ですが、

 

 

この例に限らず、

あなたのメールでも同じことが言えるわけです。

 

あの娘を振り向かせるために、

どんな文章を送れば、振り向いてくれるのだろうか?

 

あの手この手と頭でひねくり回したとしても、

「あなた自身」が、相手にどんな印象を与えているかによって、

相手の返事は決まってしまうわけです。

 

また、文章で相手の感情を動かそうと思うかもしれませんが、

 

プロのコピーライターが、

読み手の心を動かすために、

何時間も掛けて書いた文章でさえ、

おそまつな文章になりがちです。

 

ましてや、多くの男性が、学校の読書感想文しか

文章を書いたことがないと思います。

 

よほどの才能が無い限り、やはり、難しいと思います。

 

ですので、メール「だけ」で勝負するのは、

個人的におすすめできません。

 

もちろん、メールには、メールのいい部分があります。

 

じっくり、熟考して返信することができますし、

対面では、照れて言えない事もメールで言えると思います。

 

しかし、メールは、単なる文字媒体です。

 

ほぼ、文章のみです。

 

情報量が圧倒的に少なすぎます。

 

ここで、勝負してはいけません。

 

「では、どうすればいいのか?」

 

ここからは、恋愛のテクニック的なことを話します。

 

どうすれば、狙った女性を振り向かせることができるのか?

 

個人的におすすめしたいのは、

 

「会っている時に、振り幅(ギャップ)を感じさせること」

 

ここがキモだと思っています。

 

人の魅力は振り幅です。

 

例えば、

 

ぱっとみ、メガネで、おとなしそうに見えるけど、

0be0377b58b23f6bc92abc3d143fdf84

実は、武術をやっている。ボクシングをやっている。

など、肉体派な一面もある。

dsc_1029

逆に、ぱっとみチャラそうで、遊んでそうだけど、

一途で、家庭的で料理ができるなど、

 

「おとなしそう」 ⇔ 「肉体派」

 

「ちゃらそう」 ⇔ 「家庭的」

 

こんな感じで振り幅を感じさせる。

 

この振り幅を感じさせることができれば、

女性は、こちらに興味を持ってくれます。

 

このよううに対面で、

興味を持ってもらえれば、

メールで落とす文章。など

考える必要がなくなります。

 

そう。

 

大事なのは、

会っている時にどんな振り幅を感じさせることができるか。

 

これがキモです。

※大事なので、繰り返し言っておきます。

 

ですので、メールの文章をあれこれ考えるより

やるべきことは、

「自分は他人からどうみられているのか?」

「そして、その印象から、どんな振り幅を演出できるか?」

 

これを考える必要があります。

 

 

まとめ

 

どんな文章を送るか(WHAT)より

誰が(WHO)言うかが重要

 

会っている時に、振り幅(ギャップ)を感じさせること

 


恋愛商材レビュー記事の一覧


恋愛商材レビュー記事の一覧を見る



記事一覧


当サイトの記事一覧ページに飛ぶ


メール講座&教材プレゼント

「好きな女性が彼氏持ち」
「告白して振られたが、どうしても諦めきれない」
「デート後にメールの返信がない」
そんな男性の悩みを解決する
メール講座&教材プレゼント


↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはこちらをクリック

合わせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ