脈があるのかどうか気になっている男性へ

「これって脈があるのか?」

と一日中悩んでいる男性が多い。

 

昔の私もそうだったから

気持ちは分からなくもないです。

 

 

ただ、

冷静に考えて欲しいのです。

 

「脈アリかどうか分からない」


ということは

「確信が持てない」


ということ。

 

そして、

「確信が持てない」ということは、


「まだ何かが足りていない」

ということ。

 

どうでしょうか。

 

完全に相手を惚れさせることができたら、

「脈があるかどうか分からない」

 

 

という状態になることはない。


ということは、

どうすればいいか、わかりますか。

 

そう。

 

もっとやるべきことがあるのです。

 

そんな【クダラナイ事】を考える前に、

 

やって欲しいこと。


それは、

女性に、あなたのことを強い遺伝子だと思わせる事。


世間で、モテる男は、あーだこーだと言っているが、

最終的に女性の遺伝子(本能)がどう反応するか?

だと信じています。

 

これ、

例外の人がいるでしょうか。

 

「私(女性)は遺伝子(本能)とは何の関係もありません。

 

本能では生きてませんから。」


これは、

「私、腹が減っても死にませんから」

と、言っているようなものです。

 

そんな人間は、存在しませんよね。

 

結局、本能には、逆らえないという事です。

 

最近では、モテる方法とか

たくさんのノウハウがありますが、

最終的にココです。

 

遺伝子(本能)がどう反応するか。


だから、あまりいろんな情報に混乱しないで下さい。

 

答えは、もっとシンプルだということです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脈があるかどうかを気にする前に、
もっと惚れさせろ!
やることは、強い遺伝子だと感じさせること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、家で金魚を2匹飼っています

 

最近、水があまりにも濁ってくるので、

ペットショップに行って店員さんに相談してみました。

 

私:「すぐに水が濁るんで、どうにかなりませんか?」

 

店員:「ちなみに、水の交換は、どれぐらいのペースでやってます?」

 

私:「全部変えてます。」

 

店員:「えっ?それはやめてください。金魚に負担が大きすぎます。」

 

そうだったのか。

 

知らなかった。

 

水が綺麗になれば、金魚も快適だろうと思ってやったが、

 

良かれと思ってやっていたことが、裏目に出ていた。


ちなみに、私は、いい年の男だが、金魚を「子供のように」大切にしています。

だから、かなりショック受けたのです。

 

このまま知らずに、

水を全部交換しまくっていたら、

どうなったらだろうか。

 

と少し怖くなった。

 

同時に恥ずかしくなった。

 

こんなことも知らなかったのかと。

 

知らない事って罪なんだと。


改めて思った。

 

そして、

ふと思ったのが、恋愛も同じなのではないかと。

 

【女性心理を知らない=女性を傷つける=罪】

私の脳内では、そうやってリンクしました。

 

それと同時に、もっとより多くの人に

「女性心理(女性という生き物)」を教えていきたいと

強く思った。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


恋愛商材レビュー記事の一覧


恋愛商材レビュー記事の一覧を見る



記事一覧


当サイトの記事一覧ページに飛ぶ


メール講座&教材プレゼント

「好きな女性が彼氏持ち」
「告白して振られたが、どうしても諦めきれない」
「デート後にメールの返信がない」
そんな男性の悩みを解決する
メール講座&教材プレゼント


↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはこちらをクリック

合わせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ